ロシア語 上達 コツ

ロシア語上達のコツはこれしかない

ロシア語の上達に必要なもの、それは機会をみつけて繰り返しロシア語を使うことです。

 

 

日本語がネイティブな私たちですが、日本語も使わない環境にいると、どんどん下手になっていきます。

 

私も、長期の出張にであかけて外国語で生活をした後は、なんとなく日本語がぎくしゃくしてしまいます。

 

私以外にも、仕事で海外に出張した際に、現地の方と結婚して暮らしている方を訪問することがありますが、現地語でばかり暮らしているために、日本語を話すと中々言葉が出てこないといった方に出会うことも少なないことから、これは確かだと思います。

 

語学の上達には、口の筋肉の筋トレ、外国語脳を使う脳トレが不可欠です。

 

 

 

語学の上達のために必要なことは、「恥ずかしい」とか「通じないのではないか」というネガティブな感情を捨てて、語学上達のタメだと割り切ってどんどん言葉を使いましょう。

 

 

使うことが上達の近道です。

 

習うより慣れよ

 

あなたは、1992年に公開された「おろしや国酔夢譚」という映画を見たことがありますか?
シベリアに漂流した大黒屋光太夫達が生きるためにロシア語を覚えていくのですが、極論、この姿勢こそが語学学習者の上達の可否を分けるのです。

 

 

少し趣旨は違いますが、「聞くは一時の恥」でしかありません。
言葉を使って行くうちに、言葉は話者に染み付いていきます。

 

感情を伴って話せるようになったら、あなたにどんな訛りや癖があったとしても、それは既に話者にとって
生きた言語となっているのです。
ロシア語のレベルアップを目指して、今日もロシア語を聞いて話しましょう(ひとりごとでも大丈夫)。

 

 

こんな悩みを抱えていませんか?


  • ロシア語が難しくて挫折してしまう…
  • 勉強しようとしても飽きっぽいし全然続かない
  • ロシア語習得の簡単なコツが知りたい
  • 1ヶ月間で最低限でもいいからロシア語を身につけたい
  • ロシア人と仲良くなりたい
  • ロシア人の美女を口説いて彼女にしたい

>一つでも当てはまった方はこちら